コンテンツ一覧へジャンプ
神奈川県 中井町役場
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
Billingual
Chinese
Korean
Spanish
Portugues
暮らし
観光
町政
サイトの現在位置
トップ部署一覧地域防災課 防災班
地域防災課 防災班
p. 1/1
既定
日付 検索
 近年では、全国各地で地震や津波、土砂災害、洪水、火山災害等の災害が多発しています。
 中井町においては、土砂災害や洪水、地震災害などの自然災害の発生が想定されており、これらの災害はいつ発生してもおかしくありません。
 こうした災害から町民の皆様の生命を守るために、日ごろから災害に備えていただきたい情報を防災ガイドブックにまとめました。
 また、ガイドブックの巻末には、地震ハザードマップ、土砂災害・洪水ハザードマップを挿入しています。
 平成29年4月に全世帯へ配布していますので、内容をご確認いただき、備蓄品や、自治会内、家族間での対応について再確認をしてくださいますようお願いします。
 また、下記からデータをダウンロードできますが、製本版をご希望の方は役場地域防災課へお越しください。
国(内閣官房)から弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動について示されましたのでお知らせします。
平成26年中の神奈川県内での振り込め詐欺の発生件数は1,392件で、被害額は42億3,200万円でした。
中井町においても1件300万円の被害が発生しており、現在も足柄上地域において振り込め詐欺の前兆電話が多発しています。
神奈川県警等の犯罪・事故統計によると、平成25年の神奈川県内における刑法犯罪認知件数は76,962件で、1日当たりおよそ210件の犯罪が起こっていることになります。また、交通事故による死傷者数も年間で40,557人となっています。
このように、犯罪や、交通事故による被害は、決して他人事ではありません。

犯罪等による被害そのものだけではなく、被害にあったことにより様々な問題(二次的被害)を抱えます。また被害からの回復にも長い時間がかかります。
大切な人を守るために、犯罪被害者の理解に取り組みましょう。
 近年、台風や前線に伴う豪雨、地震などにより全国各地で土砂災害が発生し、多くの尊い人命が失われています。
 中井町では、平成26年3月に土砂災害ハザードマップを作成し、住民への危険箇所等の情報周知に努めています。家族みんなで避難行動の再確認や防災意識の向上を図り、土砂災害の防止及び軽減に役立てましょう。
 災害が発生し、又は発生するおそれがあるとき、被災者及び危険地域の住民等を速やかに安全な場所へ避難誘導するため、避難所を指定します。また、迅速な避難を行っていただく為の避難情報を発表する場合があります。
平成28年6月に中井町防災会議において、中井町地域防災計計画が改定されました。

この計画は、町民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、災害対策基本法第42条の規定に基づき、中井町の災害対策について、災害予防、災害応急対策及び災害復旧に関する事項を定め、防災対策を総合的かつ計画的に実施するものです。
 建物を利用する方が、火災の被害に遭遇する危険を回避することを目的として、重大な消防法令違反のある建物を消防本部のホームページで公表する制度です。
 平成25年3月31日から小田原市消防と足柄消防組合の2つの組織が統合され、小田原市消防が県西地域2市5町(小田原市・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町)の消防を担っています。
 また、町内各地区を管轄する消防団は、日ごろの訓練や火災予防広報等に従事し、地域の消防・防災力の中核として重要な役割を担っています。
日本年金機構に対する外部からのウイルスメールによる不正アクセスにより、日本年金機構が保有する個人情報の一部が外部に流出したことが、5月28日に判明しました。
p. 1/1
既定
日付 検索
各課一覧
地域防災課 防災班