神奈川県 中井町役場
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
Billingual
Chinese
Korean
Spanish
Portugues
暮らし
観光
町政
サイトの現在位置
トップ健康・福祉健(検)診/予防接種新型コロナウイルスワクチン接種について
 
2022年1月19日 更新
印刷用ページを開く
新型コロナウイルスワクチン接種について
ワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症の予防効果が期待されています。
新型コロナウイルスワクチン接種に関して、町ホームページ、町公式SNS等で随時お知らせします。
 

 

*追加接種(3回目接種)時のワクチンについて*
 

 

 町では1・2回目接種においては全てファイザー社製ワクチンを使用して接種を進めてきましたが、追加接種(3回目接種)に使用するワクチンについては、1・2回目に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社製ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチン)を用いることとされ、mRNAワクチン同士の「交互接種」が可能となっています。また国から全自治体に対して、ファイザー社製ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンが、概ね同じ割合で供給される予定です。

 その為、中井町ではファイザー社製ワクチンと武田/モデルナ社製ワクチンを併用して追加接種(3回目接種)を行っていく予定です。

 

 

 

HOT NEWS(1月19更新)

 

 ◎追加接種(3回目接種)について

 

 令和3年6月に2回目の接種を完了した高齢者等の方々については、1月19日(水)に「接種券一体型予診票」を

 郵送しました!また令和3年7月以降に2回目の接種を完了した方々についても、2月以降に順次「接種券一体型

 予診票」を郵送します。

 65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)については、町で接種日時・接種場所を割り当て、個別に

 通知します。

 

 

 *1,2回目接種時に住所地外接種届を提出された方へ

 

 1,2回目接種時に住所地外接種届を提出された方も、3回目接種を希望される場合は再度届け出が必要となります。

 

 *3回目接種券一体型予診票発行に申請が必要な方について

 

 2回目接種完了後に中井町へ転入された方は3回目の接種に必要な接種券一体型予診票発行のための申請手続き

 必要となります。

 詳しくは追加接種(3回目接種)に向けて申請が必要な方についてをご確認ください。

 

今後の1・2回目接種の対応について

 

◎下記に該当する方で、接種を希望される方はワクチン接種推進チームまでご連絡ください。

 

 ・令和3年度中に12歳を迎える方

 

 ・1回目接種を受けられていない方

 

 ・1回目をファイザー社製ワクチンで接種し、2回目接種を受けられていない方

 

 ・1回目をモデルナ社製ワクチンで接種し、2回目接種を受けられていない10代・20代の男性で、ファイザー社製ワクチンを希望する方

 

 

 ワクチン接種推進チーム ☎81-2710

 

戻る
ワクチン接種率

 

「3 ワクチン接種実績・接種率」をご参照ください。
戻る
追加接種(3回目接種)について
 

令和3年6月に2回目の接種を完了した高齢者等の方々については、1月19日(水)に「接種券一体型予診票」を郵送しました!また令和3年7月以降に2回目の接種を完了した方々についても、順次「接種券一体型予診票」を郵送します。

 
●予約方法・接種場所
予約方法
65歳以上の方
(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
予約不要
 
町で接種日時・接種場所を割り当て、個別に通知します。
接種を希望されない方やご都合の悪い方は、1月26日(水)
午前9時以降コールセンターへ連絡してください。
コールセンターの電話番号は個別通知等でお知らせします。 
18歳〜64歳の方
 各自、電話またはWebで予約してください
 
予約開始時期等については決まり次第お知らせします。
接種場所 個別医院 りゅう医院、なかいファミリークリニック、朝長医院
集団接種 中井町農村環境改善センター(中井町役場となり)
集団接種会場へのアクセス
バス:「中井町役場入口」下車、徒歩1分
 
詳しくはこちらをご確認ください
「中井町役場入口」からの時刻表は神奈川中央交通バス ホームページをご確認ください。
 
 
車:会場(農村環境改善センター)は黄色の位置、駐車場は赤色のPの位置になります。
 
 
 
1月の広報と一緒に配布したチラシ(こちらからpdfファイルを確認できます。
 
 
●3回目接種の概要
接種対象者 2回目接種完了から8カ月以上経過した18歳以上の方(年齢は追加接種日現在)
接種回数 1回
接種費用 無料
ワクチンの種類
1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(ファイザー社製ワクチン又はモデルナ社製ワクチン)を使用します。
 
●接種券一体型予診票について
追加接種(3回目接種)では、1回目・2回目とは異なり、接種券と予診票が一緒になった接種券一体型予診票を使用します。
この接種券一体型予診票を忘れてしまうと接種ができません。
接種当日まで大切に保管し、忘れないようご注意ください。
 
接種券一体型予診票見本
 
接種券一体型予診票
 
 
 
 
●接種間隔(8か月以上)について
2回目接種日から8か月後の同日から3回目接種(追加接種)を行うことができます。なお、8か月後に同日がない場合は、翌月1日から追加接種を行うことができます。
 
【例1】6月1日に2回目の接種をした場合⇒2月1日から3回目接種が可能
 
【例2】6月30日に2回目の接種をした場合⇒3月1日から3回目接種が可能
 
 
8か月
戻る
3回目接種に向けて申請が必要な方について
 

下記の対象者に該当する方は、3回目接種券一体型予診票の発行に申請が必要となります。

 
3回目接種を希望される方は、郵送または窓口にて接種券発行申請書(PDFファイル)による申請をお願いします。
 
対象者
・新型コロナワクチンの2回目接種完了後中井町に転入された方
 ※2回目接種完了時点で、中井町に住民票がある方は申請不要です。
・2回目の接種完了から8か月以上が経過したが、接種券一体型予診票が届かない方
・海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
・在日米軍従業員で2回接種した方
・製薬メーカーの治験等で2回接種した方
・海外で2回接種または海外と国内で合わせて2回接種した方
申請方法 郵送または窓口
必要書類
      
A新型コロナワクチン接種済証または接種記録書(医療従事者、施設従事者等)
B本人確認書類(運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード等)
      
【郵送による申請の場合】
上記@とABの写し
書類の提出先
中井町役場 保健福祉センター1階
 
〒259-0197
神奈川県足柄上郡中井町比奈窪56
健康課 ワクチン接種推進チーム
 
戻る
3回目接種予約について

※1,2回目をまだ接種していない方はワクチン接種推進チームまでご連絡ください。

 

◆65歳以上の方 ※接種券に同封されている日時と場所のとおり接種される方は、新たに予約を取る必要はありません。

◆医療・施設従事者の方(または1・2回目を医療・施設従事者の枠で接種された方)で3回目を中井町で接種される方

1月26日(水)午前9:00よりコールセンターまたはインターネットから予約の取消し・変更ができます。

予約受付サイトの詳しい操作方法はこちらのPDFをご確認ください。

 

◆64歳以下の方

予約開始までお待ちください。

 

※注意事項※

インターネットから予約の変更・取り消しが可能なのは、予約日の10日前までです。

それ以降は、ご自身でインターネットからの操作ができないためコールセンターへご連絡ください。

 

*お願い*

新型コロナワクチン接種を予約されている方で、接種前2週間の間に同居のご家族等に新型コロナウイルスの陽性又は濃厚接触の方がいる場合は、健康課ワクチン接種推進チームにご連絡ください。(☎0465-81-2710)

戻る
大規模接種について
 
◎神奈川県大規模接種会場(1・2回目)
 
ワクチンの種類 武田/モデルナ アストラゼネカ
会場運営日
1回目接種日:終了しました
2回目接種日:終了しました
1回目接種日:終了しました
2回目接種日:2月中に2日程度実施予定
場  所
新横浜国際ホテルマナーハウス(南館)
横浜市港北区新横浜3-7-8
 
◎神奈川県大規模接種会場(3回目)
 
接種対象者
・県内在住、在勤の医療従事者
・県内在住、在勤の高齢者施設従事者
 
※対象者の範囲については神奈川県大規模会場(3回目接種)特設サイトよりご確認ください。
※いずれの場合も2回目接種完了から6か月以上経過していることが前提となります。
※1・2回目で日本で未承認のものを打った人は追加接種の対象外です。
使用するワクチン 武田/モデルナ社製ワクチン
場  所
新横浜国際ホテルマナーハウス(南館)
横浜市港北区新横浜3-7-8
会場運営日 2022年1月22日(土)〜3月22日(火)
接種時間
平日:15:00〜21:00(受付終了時間は20:00)
土日・祝日:9:00〜18:00(受付終了時間は17:00)
3月21日(祝)は15:00〜21:00での実施となります。
 
詳しくは下記ホームページをご確認ください。
戻る
ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について
 
◆12月20日(月曜日)より、接種証明書(ワクチンパスポート)が新しくなりました。
 
主な変更点は以下のとおりです。
@従来の「海外用」に加えて、主に国内での利用を想定した「国内用」の接種証明書が発行可能になりました。
A従来の「書面」による接種証明書の発行に加えて、デジタル化により、お手持ちのスマートフォンで申請する「電子」の接種証明書が
 発行可能になりました。
 
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧については外務省 海外安全ホームページ(外部リンク)でご確認ください。
 
◆接種証明書(ワクチンパスポート)の申請が不要な場合があります
 
新型コロナウイルスワクチンを接種した方は、以下により接種済みであることを証明することができます
以下の書類をお持ちの場合は、国内利用において新たに接種済証の発行を申請する必要は原則ありません。
 
@医療従事者などが接種券付き予診票を用いて接種した場合
 
新型コロナワクチン接種記録書
 
A上記以外で、町が発行した接種券を用いて接種した場合
 
⇒接種券に付属されている新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)
 
新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)見本
 
新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)の見本
 
 
対象者
中井町から接種券を発行され新型コロナウイルス感染症予防接種を受けた方
(接種時点で中井町に住民票がある方が対象です。接種時点で中井町以外に住民票があった方は当該市区町村にて発行手続きを行う必要があります。)
申請方法 電子申請(アプリ)または郵送または窓口
必要なもの       
電子版をご利用の方は下記の◆電子版の申請についてをご確認ください
     
 
【必須の書類】
A接種券
B接種済証または接種記録書(医療従事者、施設従事者等)
 
【海外用の場合のみ】
C旅券(パスポート)※顔写真のページ、海外渡航時点で有効なもの
      
【場合によって必要なもの】
D旅券に旧姓・別姓・別名(漢字)の記載がある場合:旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類
E代理人による請求の場合:本人自署による委任状、代理人の本人確認書類
 
【郵送による申請の場合】
上記の@〜E(ABCD及び代理人の本人確認書類に関しては写し)と住所の記載された本人確認書類の写し、返信用封筒(切手貼付し返送先住所を記載してください)
書類の提出先
中井町役場 保健福祉センター1階
 
〒259-0197
神奈川県足柄上郡中井町比奈窪56
健康課 ワクチン接種推進チーム
 
 
◆電子版の申請について
 
◎接種証明書(電子版)は、お手持ちのスマートフォンから専用アプリをダウンロードして申請してください。
 また操作方法等のお問い合わせに関してはデジタル庁 接種証明書アプリに関するお問い合わせからお願いします。
 
◎マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号の入力を3回間違えるとロックがかかります
 忘れてしまった場合や、ロックがかかってしまった場合は、税務町民課窓口での再設定が必要です。
 なお、事前予約制となっているため、事前に税務町民課(☎81-1114)にお電話で予約してからお越しください。
 
 
 
 
戻る
住所地外接種について
 
 
1,2回目接種時に住所地外接種届を提出された方へ
 
1,2回目接種時に住所地外接種届を提出された方も、3回目接種を希望される場合は再度届け出が必要となります。
 
新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしています。

 

やむを得ない事情がある方で、住民票所在地外での接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出(申請)を行う必要があります。

 

中井町外に住民票がある方で、中井町内にある接種会場で接種を希望する場合は、下記の届出に必要書類を添えて提出してください。

中井町に住民票がある方で、中井町外にある接種会場で接種を希望する場合は、接種会場のある市町村に問い合わせてください。

 

住所地外届はこちら(PDFファイル)

 

 

◎申請が必要となる方

 

次のやむを得ない事情に当てはまる場合は、住所地外接種の申請が必要となります。

 

・出産のために里帰りしている妊産婦

・単身赴任者

・遠隔地から下宿している学生

・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準する行為の被害者

 

◎申請が不要となる方

 

・入院・入所者

・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合

・災害による被害にあったもの

・拘留または留置されている者、受刑者

 

申請方法 郵送または窓口
必要書類
A住民票がある自治体の接種券
B本人確認書類
 
【郵送による申請の場合】
上記@とABの写し及び返信用封筒(切手貼付し返送先住所を記載してください)
書類の提出先
中井町役場 保健福祉センター1階
 
〒259-0197
神奈川県足柄上郡中井町比奈窪56
健康課 ワクチン接種推進チーム
 
戻る
ワクチン接種は無料です

 

接種費用は全額公費負担です。

接種券の送付や接種予約の際にも費用は一切かかりません。

 

ワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!

 

新型コロナウイルス感染症によるワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話が増えています。

「優先的に新型コロナのワクチン接種が受けられる。予約金の振込が必要」などと金銭を要求するのは、すべて詐欺です!

 

行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に対して金銭を要求することはありません。

 

国民生活センターでは、「新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン」を開設し、

ワクチン詐欺に関する消費者トラブルについて相談を受け付けています。

☎フリーダイヤル:0120-797-188(通話料無料)

受付時間:午前10時〜午後4時(土・日曜・祝日を含む)

国民生活センター ホームページ(外部リンク)
戻る
新型コロナワクチンの有効期限延長について
貴重なワクチンを無駄にせず有効活用するため、ワクチンの有効期限が延長されました。
接種済証に貼付するシールには、以前の有効期限が記載されていますが記載の期間から延長されていますのでご安心ください。
 
 
◎ファイザー社ワクチンについて
 
ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃〜-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されていますが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。
 
 
◎武田/モデルナ社ワクチンについて
 
武田/モデルナ社ワクチンは、-15℃〜-25℃で保存する場合の有効期間が、 令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には7か月から9か月に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、ロットNo3004733、000048A及び000049Aのワクチンは、有効期間は7か月であるという前提で有効期限が印字されていまが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。
 
戻る
ワクチン接種の同意について

 

ワクチン接種は強制ではありません

 

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、しっかりと情報提供を行ったうえで、

接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症の効果と副反応のリスクの双方について十分理解したうえで、

自らの意思で接種を受けていただきます。

受ける方の同意なく接種が行われることはありません。

 

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう、皆さまにお願いしています。

仮にお勤めの会社等で接種を求められても、ご本人が望まない場合には、接種しないことを選択することができます。

各種相談窓口や案内は、以下ページを確認ください。

 

法務省 人権相談

 

新型コロナワクチンについて
戻る
ワクチンの副反応・健康被害が起きた場合の救済制度について

 

◎ワクチンの副反応について

 

ワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、

注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。

こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復します。

また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)の発生が報告されています。

もしアナフィラキシーが起きたときには、接種会場、医療機関で必要な対応をおこないます。

詳しくは、

新型コロナワクチンの安全性と副反応(外部リンク)

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A(外部リンク)

をご覧ください。

 

◎健康被害が起きた場合の救済制度について

 

一般的にワクチン接種では、極めて稀ではあるものの、副反応による健康被害(病気になったり、障害が残ったりすること)を

避けることができないことから救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に

予防接種法に基づく救済(医療費、障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には予防接種法に基づく救済制度を受けることができます。

詳しくは、

厚生労働省「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」(外部リンク)に記載の

「接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度」をご覧ください。

戻る
よくある質問

 

よくある質問と回答はこちら「新型コロナワクチン接種に関するQ&A」(外部リンク)

 

戻る
新型コロナウイルスに関する相談先

 

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A(外部リンク)

  副反応にはどのようなものがあるか?熱が出たらどうすれば良いか?など

  お手元のスマートフォンで簡単に調べられます。

 

神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター

  副反応に関する相談

  神奈川県は、ワクチン接種後に生じた副反応に係る相談など、

  医学的知見が必要となる専門的な相談を受け付ける相談センターを開設しました。

   開設期間 令和3年3月22日〜

   受付時間 24時間対応

   電話番号 045-285-0719

  神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター(神奈川県ホームページ)

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  コロナワクチンの実施あり方等に関するお問い合わせ

  厚生労働省は、新型コロナワクチンに関する施策等のあり方に関する問い合わせ窓口を開設しました。

   開設期間 令和3年2月15日〜

   受付時間 午前9時から午後9時まで

   電話番号 0120-761-770(フリーダイヤル)

戻る
PDFファイルはこちら
(oshirase.pdf: 3415k)
本文終わり
ページのトップへ
健康課 ワクチン接種推進チーム
0465−81−2710