神奈川県 中井町役場
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
Billingual
Chinese
Korean
Spanish
Portugues
暮らし
観光
町政
サイトの現在位置
トップ子育て応援助成・手当て障害のあるお子様がいる家庭のために(特別児童扶養手当)
 
2017年8月4日 更新
印刷用ページを開く
障害のあるお子様がいる家庭のために(特別児童扶養手当)
障害のあるお子様がいる家庭では、特別児童扶養手当が受給できる場合があります。
特別児童扶養手当とは何ですか?
 この制度は、精神、知的または身体障害(内部障害を含む)等があり政令で定める程度以上にある20歳未満の児童について、児童の福祉の増進を図ることを目的として、手当を支給するものです。
どのような人が手当を受けられるのですか?
 日本国内に住所があり、精神、知的または身体障害等にある児童を監護している父、または母、もしくは父母に代わってその児童を養育している人が、特別児童扶養手当を受けることができます。
手当の額はどのくらいですか?
 
重度障害児の場合 1人につき月額51,450円 
中度障害児の場合 1人につき月額34,270円
平成29年4月分から
所得の制限はありますか?
 請求者及びその扶養義務者の前年の所得が、下記の限度額以上ある場合は、その年度(8月から翌年の7月まで)の手当の支給は停止されます。
扶養親族等の数 請求者 配偶者および扶養義務者
0人 4,596,000円未満  6,287,000円未満
1人 4,976,000円 6,536,000円
2人 5,356,000円 6,749,000円
3人 5,736,000円 6,962,000円
4人 6,116,000円 7,175,000円
 
有期認定について
 有期認定とは、児童の障害の状態について、一定の期間を設けて受給資格を認定することです。
 一定の期間を過ぎると、引き続き手当が受けられるかどうか、再度認定が必要となります。有期期限までに診断書(原則として有期期限の当月、又は前月中に診断を受けたもの)等を提出してください。
 ただし、再判定の結果、減額となった場合、診断書作成日の翌月分の手当から減額となり、非該当となった場合、診断書作成日をもって資格喪失となります。

【例1】7月に有期期限を迎える方が、6月10日作成の診断書を提出し、1級から2級に減額となった場合
6月分までの手当が1級となり、7月分の手当から2級となります。  

【例2】7月に有期期限を迎える方が、6月10日作成の診断書を提出し、障害非該当となった場合
6月10日が喪失日となり、6月分の手当が最後の支払となります。
その他
 これらの制度について詳しいことをお知りになりたい方は、中井町役場福祉課(保健福祉センター1階)までお問い合わせください。
本文終わり
ページのトップへ
福祉課 子育て支援班
〒259-0197 神奈川県足柄上郡中井町比奈窪56
電話: 0465-81-5548  ファックス: 0465-81-5657
メールはこちらから