国民年金について

更新日:2022年04月01日

ページID: 1556

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の方は、収入の有無、性別に関係なく国民年金に加入しなければなりません。

強制加入になる方

第1号被保険者

  • 農業、自由業、20歳以上の学生
  • 厚生年金未加入のサラリーマン

第2号被保険者

 厚生年金保険、共済組合に加入している方

第3号被保険者

 厚生年金、共済組合の加入者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方

任意加入になる方

任意加入するといずれも第1号保険者になります。

  • 60歳未満で被用者年金の受給者
  • 60歳以上65歳未満の方(受給資格期間を満たしていない方は70歳まで)
  • 日本国内に住所がない20歳以上65歳未満の日本国民

共通の基礎年金を支給

国民年金では、すべての国民に共通する給付として、基礎年金が支給されます。基礎年金には3種類あります。

  • 老齢基礎年金
     保険料を納めた期間と免除を受けた期間等を合わせて10年以上ある方が、65歳に達すると受けられます。
  • 障害基礎年金
     国民年金加入中に障害者となり、1級または2級の障害に該当する場合に支給されます。20歳になる前の傷病による障害についても、1級または2級に該当していると20歳到達後に支給されます。
  • 遺族基礎年金
    国民年金の被保険者が死亡したとき、または老齢基礎年金を受けているか、受けられる資格期間を満たしている方が死亡したときに、その方によって生計が維持されていた子のある妻、または子に支給されます。

国民年金の独自給付

次の年金は、自営業の方など国民年金だけに加入している方(第1号被保険者)の独自給付です。

  • 付加年金
     付加保険料(月額400円)を納めた方が、老齢基礎年金の受給権を得たときに支給されます。
  • 寡婦年金
     老齢基礎年金の資格期間を満たしている夫が死亡したとき、10年以上婚姻関係にある妻に対し、60歳から65歳になるまで支給されます。
  • 死亡一時金
     保険料を3年以上納めた方が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けられないで死亡し、遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。

保険料

 保険料は、年齢、性別、所得にかかわりなく定額です。(令和4年度、16,590円)なお、保険料を前納された場合には保険料が割引になります。

  • 保険料免除制度
     第1号被保険者で、経済的な理由などで保険料を納めるのが困難な方は、町へ申請し、承認されますと納付を免除されます。ただし、免除期間にかかる年金は減額されます。
  • 保険料納付猶予制度
     50歳未満の学生でない方で一定所得以下の方は保険料納付が猶予されます。
  • 学生納付特例制度
     学生で、本人が一定所得以下の方が対象で、申請により在学中の保険料が猶予されます。

国民年金の加入と保険料のご案内ホームページは下記リンクをご覧ください。

国民年金基金

 自営業者などの方が任意で加入できる公的な年金制度です。月々の掛金の限度額は、68,000円で、全額「社会保険料控除」の対象となります。

国民年金加入の詳細
加入できる人は 国民年金の第1号被保険者
加入年月日 申込書を基金事務所で受付けした日
納付期間 加入月から60歳まで
納付方法 口座振替に限ります

国民年金基金のホームページは下記リンクをご覧ください。 

問合せ

国民年金・厚生年金

日本年金機構「ねんきんダイヤル」電話番号0570-05-1165
小田原年金事務所電話番号0465-22-1391(代表)

共済年金

各共済組合へ

この記事に関するお問い合わせ先

税務町民課 窓口保険班
〒259-0197
神奈川県足柄上郡中井町比奈窪56
電話番号:0465-81-1114
ファックス:0465-81-3327
お問い合わせフォーム